読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで続くかわからないブログ

いつまで続くかわかんないけど頑張ります。

おねしょしましたよね?

半年前かな……多分半年前に「おねしょしたよね?」っていう記事を書いた気がする。

的場浩司(彼氏)と遠距離恋愛になる直前だった気がする。


もうその記事読めばわかるんだけど(何書いたか覚えてないんだけど)、おねしょされたんです。彼に。

泥酔状態だったんで仕方ないんですけど、おねしょされました。彼に。

布団干したりしたけど、結局新しいのを買い直したんです。おねしょされて。彼に。


でね、先日半年ぶりくらいにあったわけです。

イムリミットは三日間です。もう思う存分楽しみました。

指輪もらっちゃって、もうウキウキみたいな。

私たち結婚を目標に遠距離恋愛がんばろうね、みたいな。

もうすっごい幸せ。最高の三日間だった。


で、一日目にね、お互いほろ酔いで気分も良かったから、カラオケ行くかぁつって行ったの。飲んでたお店から徒歩5分くらいのとこのカラオケ店にね。

そのたった五分で、なんか街も静かだし、しんみりして、いつも一緒にいた時って色々あったよね、つう話になったわけ。

酔って財布も携帯もなくしてどっかに泊まって来たことあったよねとか、そもそもこんな飛行機の距離に住んでんのに、出会って付き合うってすごい確率だよねとか。

もうね、そういう話してたらだんだんテンションがおかしくなって堪え切れなくなったよね。聞いちゃった。

「おねしょしたよね?」つって。


あのね、すっっっごく雰囲気良かった。

いつもザワザワしてる駅前なのに、全然人いないの。

信号機が誰もいないのに律儀に赤と青繰り返してんの。

終電乗り過ごした人を拾うタクシーも心なしか少なくて、いつもアホみたいにする酔っ払いの騒ぐ声もその時はしなかった。

そんで、私の手には指輪です。


さっきの店でもらった指輪。お揃いの指輪。もうキラッキラ。

カラオケ行ったら絶対最初はaikoのキラキラでいこうってくらいキラッキラしてた。

もう半端ないくらいドラマみたいな世界だった。

そこで聞いたわけ。おねしょしたよね、つって。半年前くらい前に。

いろんな思い出があった半年前の話してる最中に。赤信号が変わるの待ちながら。

堪え切れなかった。事実確認しておきたかった。

ていうか、私たち結婚するからもうそういう話に踏み込んでもいいよね、っていう何らかの意識もあったと思う。

とにかく私は聞いた。聞いたよ。


「うん、した」って。

的場浩司が、めちゃめちゃ素敵な雰囲気の、静まり返った駅前でアッサリ答えた。

「おねしょしたよ」って。

もうそれだけでなんか、ああおねしょしたっていう恥と秘密に踏み込むのを許されてるのかぁ、つって、感動した。

「おねしょするほどお酒飲まんでよ」って言っておねしょについての話は終わったんだけど、なんかすごい良かった。

なんか良かったけど、おねしょはしないで欲しかった。


そんだけ。



追記 フツーに一年前の記事でした